令和3年11月朽木の現地野鳥情報、ルリビタキ多数!

朽木野鳥を守る会 活動日記
朽木野鳥を守る会 ルリビタキ 若♂ 

皆様、こんにちは!

9月中まで緊急事態宣言でしたので、朽木の現地にも入れず、中々情報収集が出来ませんでしたが

やっと10月から観察出来るようになりましたので、ご報告します。

10月中は、夏の渡り鳥が去って超寂しい状況でしたが、11月3日に観察しましたところ、

冬の渡り鳥も多数飛来していました。

ルリビタキ若♂や

成鳥のルリビタキ♂

ルリビタキ♀も多く、あちこちのカラスザンショウの木に集まっていました。

他にも、コサメビタキ多数と

ソウシチョウもあちこちで、3組見ましたが・・・宜しくないですネ!

他にも、ミヤマホオジロ多数やビンズイ・アトリも見られました。

これから、ますます冬の渡り鳥が多数飛来するでしょうネ。

ただ、留鳥の姿があまり見られなかったのが心配です。

しかも、毎年見ていたムギマキやマミチャジナイの姿も無かったです。

この原因は、夏の長雨により餌の確保が出来なかったのか、あるいは自然環境の変化(温暖化)なのかは分かりませんが、今後、ますます注視すべき問題です。

現地は、もう紅葉がはじまり、

落ち葉を踏みながらの散策になります。

一年でもっとも美しい紅葉の季節、是非、皆様も現地で彩を楽しんでいただければと存じます。